TOP > アレキパ
    TOP | NEXT

    リストマーク スポンサーサイト 

    --年--月--日 (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
    ↑TOPへ


    リストマーク ミスティ♪ 

    2010年01月10日 ()
    お正月にkyoko@Limaさまからいただいたカード!
    201001misty.jpg
    Open↓

    なんと素晴らしいカードでしょう!
    私が大好きだった場所のカード!ミスティ山が美しく見えていて、その上に輝くベツレヘムの星。。。


    感謝、感激~ああ、アレキパが懐かしや。。。


    早速、正月に取り溜めたネガストックから同じ場所を探してみる。おお~っ、カードの絵がいかによくできているか、わかるわ~!
    200303misty.jpg


    ここは、私の住んでいたアパートから歩いて10分くらいの高台にあり、教会と共にスペイン風の路地があったりと、散歩をするには最適な場所だったなあ。私にとって癒しの場所。よく散歩したもんだ。
    200303misty (1)



    1月は全く見えなかったミスティ山も2月以降は時々、美しい姿を見せてくれた。ああ、懐かしい、懐かしい。kyoko@Limaさま、本当にありがとうございます。


    2003年当時、peruに持っていっていたノート型PCを今も重宝している。ただ、チチカカ湖に行ったときから調子が悪く、その時から電源を入れるとディスクスキャンしてから立ち上がるという、とほほな状況だった。


    で、そのまま使い続けていたのだった。


    今日、思い立ってネットで調べて調整してみると、直った。。。


    信じられないわん。今まで、なぜ気づかなかったのかしら。試さなかったのかしらん。


    普通に、立ち上がるようになった~。7年越しの(あらまあそんなに経ってしまったんですねえ)不調が嘘のように改善!すっきり、すっきり!


    あんまりすっきりとしたので、メモしておこうっと。








    1日1回ポチっとな。お願いします。


    Close↑

    スポンサーサイト
    [2010.01.10(Sun) 00:02] 大学院生活とその延長Trackback(0) | Comments(1) 見る▼
    ↑TOPへ


    COMMENT

    主さまにうけてうれしいです~ by kyoko@Lima
    紙のカードを出さなくなって久しい今日この頃ですが、これは見たとたん、「これを主さまに送らなくてどうする!」と思いました。

    それにしましても、今年はペルー・日本間の郵便物、大混乱しているようです。
    12月9日に、このカード含め5通の郵便物をあちこちに出したのですが、まだうち2通しか届いていません。アンビリーバブル!
    日本からの荷物も、届いてないのがいくつもあります。

    大抵のことは昔のほうがいいんですけど、こういうのは昔に帰ってもらっては困るなあ(笑)

    コメントを閉じる▲

    リストマーク ご褒美 

    2008年02月10日 ()
    fuji01.jpg

    三年程、東京に通っているが、初めてこんな富士山が見れた。感激だなあ~!
    Open↓
    [2008.02.10(Sun) 17:32] 私的考察Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
    ↑TOPへ


    COMMENT

    予兆 by la cosmopolita
    約3年間で初めてのはっきり美しい富士山…、これは何かのサイン???

    ☆La cosmopolitaさま by kotetsu552005
    実は、私もそう思ったのでした~♪
    なので、せっせと写真を撮っていたんですよね。

    このサインを受けて、またご連絡させていただきましゅ。

    コメントを閉じる▲

    リストマーク ペルー アレキパ 食い倒れ紀行 13 

    2007年03月08日 ()
    パンだ。これがとってもおいしい! ほどよい甘みがあって飽きない味。

    Open↓

    pan_01.jpg

    ペルーの食べ物は、味は間違いないな~。パンは基本だから、それは重要だと思う。

    この教会の広場は、よく散歩がてらに行った。Yanahuaraだ。
    広場に転々と座っているおばちゃんたちの大きなかごの中味は、全部パン。
    pan_02.jpg

    何度か購入しました。
    パン売りおばさんが多い理由も聞いたけど、よくわからんかった。歴史的理由があったはず。
    pan_03.jpg





    1日1回ポチっとな。お願いします。



    Close↑

    [2007.03.08(Thu) 02:07] 旅・海外旅行Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
    ↑TOPへ


    COMMENT

    アレキパの好きなところ by la cosmopolita
    ここ、アレキパのアルマス広場ですよね???
    それともミスティが見えるポイントの広場でしょうか?

    アレキパはクスコに比べると観光客は少ないので、
    人々があまり観光客ずれしていなくて素朴なところが好きです。
    女性の民族衣装もかわいいですよね。

    la cosmopolita様 by kotetsu552005
    ここは、アルマスでなくミスティが見えるポイントの広場です。
    一番下の写真の突き当たりに見えるアーチの
    向こう側に、ミスティが美しく見えるという
    ポジションがあります。

    ペルー第2の都市と言われるアレキパですが、それは良くいいすぎともいえますね。アレキパが都市だったら、リマは超大都会ですわ。

    だいたい3ソル(100円)でたいがいのところはいけましたから。
    素朴で美しくて、おいしくて、いいところでしたよ。
    ちょっと刺激が少なくて退屈なところもありましたけど、山も美しくて最高でした。

    コメントを閉じる▲

    リストマーク ペルー アレキパ 食い倒れ紀行 12 

    2007年03月07日 ()
    アレキパは、毎日、日替わりのスープがあるという。
    Open↓

    日曜日に食べる典型的なスープが「Adobo」。あとの曜日は知らない。
    arekipa_02.jpg

    Adoboという名前のスープ。それにパンとティがつく。ティにはアニスと砂糖を入れる。
    Adoboスープには、大きな豚肉の塊が2つ入っていた。

    それ以外にたまねぎとコショウがわかった。
    おおよその中身はとうもろこし、豚肉、たまねぎ、にんにく、くろーぶ、シナモン、を煮ている。豚肉は当然骨付き。

    パンはADOBO用の三角形のパン。このスープにパンをちぎって浸して食べる。
    なかなかおいしい。
    arekipa_05.jpg

    arekipa_06.jpg

    ここはミスティ通りの一本東側で、Restaurant Los Herrajesだ。
    このレストランは内装がかわいらしいし、良かった。

    arekipa_04.jpg

    arekipa_03.jpg

    これを5ソル(約170円)で食べさせてくれるところもあるようだ。

    かわいい飾りつけも、アレキパならではだ。
    arekipa_07.jpg



    1日1回ポチっとな。お願いします。


    Close↑

    [2007.03.07(Wed) 03:05] 旅・海外旅行Trackback(0) | Comments(3) 見る▼
    ↑TOPへ


    COMMENT

    日替わりスープ by カルチェ
    決まってるのがよいですね。
    けど、スープとパンだけで
    おなかいっぱいだろうボリューム
    ですね。

    カルチェ様 by kotetsu552005
    まったくその通りです!

    こんなん全部食べれる奴はおるんか!と思いますが、
    たいていのペルー人はきっちり完食されておりますな。

    日本人は無理です。スープとは名ばかりで当然のことながらメインですわ。

    sopa by la cosmopolita
    スープの入れ方がやはり縁ギリギリまでですね~。
    私もスープがメインで食事を済ませることがあります。
    たいてい“それだけ? 他には?”って感じの反応をされる。
    日本人ですから~。

    夜は冷える高地、夕食のスープは身体が暖まります。

    コメントを閉じる▲

    リストマーク ペルー アレキパ 食い倒れ紀行 11 

    2007年03月07日 ()
    久々登場、アレキパの食い倒れ。このを見よ!

    Open↓

    これもジャンクフードになるのか。あとにも先にも、このときだけしか見ていないし食べていない。
    20070307021052.jpg


    あまりに切れ味の悪い包丁を研ぐために、砥石もしくはそれに準じるものを探して、市場をさまよった。


    そのとき、途中お腹すいたから「salchipapa」というものを食べた。


    この赤に感動したのさ。日本ではすでに見かけなくなった色だ。
    これ、まじで修正なしの、そのまんまの色だ。


    これは、いったい何かというと


    フライドポテトの上に、真っ赤なソーセージのスライスが乗っているだけのもの。
    それだけというのも、驚きだね。


    これにマヨネーズ、ケチャップなどをかける。


    それを爪楊枝で食べる。



    味は、想像通り。  以上。



    1日1回ポチっとな。お願いします。


    Close↑

    [2007.03.07(Wed) 02:16] 旅・海外旅行Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
    ↑TOPへ


    リストマーク ぺルー アレキパ 食い倒れ紀行 10 

    2006年11月18日 ()
    本当は、アレキパではなくチチカカ湖のあるプーノでの食事。

    puno08.jpg

    Open↓

    ここは、お祭り目当てで出かけた。こういう大規模なお祭りはエキサイトして楽しい!

    puno04.jpg


    puno05.jpg


    puno06.jpg



    puno07.jpg


    ただここは高地3855mだったのでmy PCが壊れてしまって愕然としたよ。
    3000m以上でPCの動作保証はされないって身をもってわかりました。

    到着後、時間があったので湖畔沿いのChucuitoという場所に行く。教会や歴史的な遺跡、、大学の農業試験場、マスの養殖場などを見て回る。

    さて、広場のレストランに入る。
    私はマスの蒸したものに蒸したイモ、サラダなどがついたもの。マスは20センチほどあり大きく、まあまあの味。

    puno01.jpg


    相棒はステーキだけど果物のフライなども乗った大もり。バナナフライ、パイナップル、サラダ、ポテト、アボガド、目玉焼き。

    puno02.jpg


    ここのレストランは綺麗だし味もよかった。超普通のコメントだが、食事以外の刺激が多いところだったということかな。

    puno03.jpg





    1日1回ポチっとな。お願いします。



    Close↑

    [2006.11.18(Sat) 00:30] 旅・海外旅行Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
    ↑TOPへ


    COMMENT

    プーノ by la cosmopolita
    考えてみると、昼間にプーノに滞在したことがないので、
    写真を見てプーノってこんなにお天気がいいんだーと思いました。
    プーノはいつも夕方~夜と朝しかいなくて、
    どよーんとしたイメージがあるんです。

    プーノ by kotetsu552005
    独特の雰囲気のある町ですよね。
    でもやっぱり「どんより」が似合うな。
    おいしいものってあんまり出会ってない気がするな。

    コメントを閉じる▲

    リストマーク ぺルー アレキパ 食い倒れ紀行 09 

    2006年11月16日 ()
    サバンディアに行く。アレキパの郊外だ。
    広場から少し入ったピカンテリアに入った。

    PICT0047.jpg

    Open↓

    二人で行って月曜日の典型的スープ:チャケ、パスタ、サルサ・デ・パティタスを注文した。スープにパスタはなかなかの味。

    PICT0038.jpg PICT0040.jpg


    もうひとつは、サラダ仕立てのトン足、ただし羊の足であった。
    こちらは、おいしいとはいかなかったので、もう一皿注文した。

    PICT0041.jpg


    キング・オブ・ポークであるチチャロンである。典型的な豚肉を揚げたやつだ。

    PICT0043.jpg


    やはり量はすごかった。もちろん、お持ち帰りにしてもらう。
    スープはなみなみと皿の縁までだし、他の料理も皿から溢れんばかりである。絶対に食べきれることはないが、この分量を見ると、ああ~~っ、ペルーだなぁと実感する。

    周囲の皆々様は、きれいに食べきっておられることが多いね。これもまたペルーだにゃあ。


    1日1回ポチっとな。お願いします。



    Close↑

    [2006.11.16(Thu) 19:24] 旅・海外旅行Trackback(0) | Comments(4) 見る▼
    ↑TOPへ


    COMMENT

    ペルー人の胃袋 by la cosmopolita
    ペルーでスープを注文すると大体ふちぎりぎりまで入ってますよね。
    だから下にこぼれてもいいように皿がついてくる。
    日本人だともう食べられん!って量でも、
    現地の人はペロッと食べ、平気でデザートも食べてる。
    男性ばかりでなく女性も同じくらい食べている。
    よく入るなあっていつも思います…。
    食事に関してはケチらないでどんって出てきますよね。

    さて私は明日は南行徳の方までペルー料理を食べに行きます♪

    うらやましい~~ by kotetsu552005
    そのお店は、la cosmopolita様の新規開拓されたお店でしょうか?
    ぜひ次の機会には、そろそろペルー料理めぐりお願いします!!!

    いいともで by カルチェ
    笑っていいとも!の1/100を当てたらストラップ
    をもらえるやつで、「ペルーの空中何とかに行ったことがある人」が見事1/100でした。
    なんかみょうに嬉しかった気がする。

    ニヤリ by kotetsu552005
    カルチェさんも、ぼつぼつペルー病にかかりつつあるかと思います。
    それは、いかなる薬を飲んでも治らない別名「不治の病」とも言うべきものです。
    唯一の治療法は、現実に行くことだけのようです。
    でも、現実に行ったら、もっとひどい病にかかるということがほとんどとも聞きます。

    次回は、共に参りましょうか。

    コメントを閉じる▲

    リストマーク ペルー アレキパ 食い倒れ紀行 08 

    2006年11月15日 ()
    注文してくれたのは、いろんなシーフードがチョイスできる一皿。
    前に紹介したセビッチェリアにて。

    PICT0015.jpg

    Open↓

    出てくるのがすごく遅く、海に食材を行っているのかなんていう話をしていた。
    ようやく出てきたら、それも納得さ。

    のようなシーフード・フライだ。

    えび、たこ、魚、あわびのような貝、いかなど。ものすごい量だ。

    PICT0013.jpg


    地元アレキパ人でさえ、この分量は4人分と言わしめる代物だ。
    体の大きさと比較してみて頂戴!

    PICT0014.jpg


    それに赤たまねぎのセビッチェ・サルサ、マヨネーズ、アヒがついてきた。

    PICT0016.jpg


    味は、想像通り。おいしいが、すぐ満腹になる。はるか姫のように、「そこからが無限」というわけには行かない。

    こんな分量が出てくるのは、日本ではありえない。ペルーならではかな。こういうのは、後はお持ち帰り。数日かけて食べたよ。
    たしか丼にしたかな~♪



    1日1回ポチっとな。お願いします。


    Close↑

    [2006.11.15(Wed) 23:57] 旅・海外旅行Trackback(0) | Comments(4) 見る▼
    ↑TOPへ


    COMMENT

    ハレア by la cosmopolita
    シーフードフライ、ハレアですかね…?
    量が多すぎる~~~!!

    量がねえ by kotetsu552005
    ペルー人でさえ、多いと言いました。
    日本人では想像を絶する分量でございました。

    レストランの、チャレンジしてクリアしたらタダみたいな量でしたです。

    さて「ハレア」とは、何でしょうかしら。

    JALEA by la cosmopolita
    ハレア、JALEA と書きます。
    シーフードの唐揚げですね。

    なるほど by kotetsu552005
    JAREA!そのまんまですね。
    確かにそうです。間違いようがないっちゅう感じです。

    コメントを閉じる▲

    リストマーク ペルー アレキパ 食い倒れ紀行 07 

    2006年11月10日 ()
    ジャンク・フードはどう?「モツの炒め煮」というのかな。

    motu01.jpg



    Open↓

    行ったのはミラフローレンスの大きなきれいな公園を右に下り、すぐ左折したところの屋台である。何軒か屋台が出ていて、ものすごい勢いで客引きの子供たちが車窓に群がってくる。かなり元気である。

    相棒は行きつけの屋台があるらしい。その前で車越しに、注文。

    大きな平たい鉄板で、腸や胃袋など内臓をぶつ切りにしたものとジャガイモなどを炒めて味を含め煮したものである。このあたりの典型的な食べ物アレキパ・トラディショナルだそうで、ほかのエリアや店ではまったく味が違うらしい。くいしん坊さんがそうおっしゃっていた。

    motu02.jpg motu03.jpg


    ちょっとごま油のにおいと味がした。チィンチュウリュ・イ・カパリナというそうな。なかなかいける味だった。

    これは、「ドテ焼き」と称して冬に食べるおいしい「筋の煮込み」に似ていたよ。

    そのあとで暖かなちょっと変わった飲み物を飲む。

    motu04.jpg


    リナサといういろんなハーブが入って暖かな飲み物。少しぬるっとしてジェル状になっている。しょうが湯に似ているかもしれない。

    そしてちょっと酸味がある。初めて体験する味。おいしいというより不思議な味。きっと体によいのだろうな~。


    1日1回ポチっとな。お願いします。


    Close↑

    [2006.11.10(Fri) 00:45] 旅・海外旅行Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
    ↑TOPへ


    リストマーク ペルー アレキパ 食い倒れ紀行 06 

    2006年11月07日 ()
    羊料理をリクエストしてみた。
    アレキパ郊外にでる。カントリーサイドだ。
    Open↓

    ついたレストランの場所は、PAUCARPATA。
    ここのKORICANCHAに到着。
    この店は3階建て。吹き抜けでガラス張り。植物がたくさん。赤い花はブーゲンビリアだそうな。

    2階の窓際へ。音楽が鳴っていて家族のパーティをしている人たちは踊りだして、ビデオにとって楽しそうだった。地元の人がちょっと贅沢をしようと集まるレストランのようだ。

    とてもよい雰囲気の店。

    まず最初のエントレメセス;ユカ(ジャガイモのつぶしたものにチーズを入れて上品にフライしたもの)とアバ(そらまめ)に赤たまねぎなどのサラダ。これにサルサ、アヒ(赤)オコパ(黄)がつく。

    ユカが本当においしい。

    20061107225816.jpg


    次にメインが出てきた。量にびっくり。

    羊のアバラ(コスティリアール)とTボーンのところと思われる部分(レキョン・アルオルノ)あばらは油っぽかったが、おいしい。

    レキョンはフィレみたいでおいしかった。

    20061107225827.jpg


    匂いもなく、とてもジューシーでおいしかった。
    食後はアニスというきついお酒を小さなコップで一気に飲む。
    これがとても油を食べた後の胃によいとのこと。
    全部で38ソル。一皿12~13ソルなので400円ちょっと。

    結局、ここには1度しか行かなかったけれど、羊料理といえばここのようでした。
    だいたいペルー料理の盛り付けのパターンがわかってきたね。
    赤たまねぎ必須ね。


    1日1回ポチっとな。お願いします。



    Close↑

    [2006.11.07(Tue) 23:04] 旅・海外旅行Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
    ↑TOPへ


    TOP | NEXT

    プロフィール

    FC2カウンター

    最近の記事

    最近のコメント

    カテゴリー

    タグリスト

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    FC2ブログランキング

    ブロとも申請フォーム

    CALENDAR  

    ブログ内検索

    管理者

    RSSフィード

    リンク

    FC2ブックマークに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。