TOP > ニューヨーク
    TOP | NEXT

    リストマーク スポンサーサイト 

    --年--月--日 (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
    ↑TOPへ


    リストマーク 映画「アメリカン・ギャングスター」を見た 

    2008年02月26日 ()
    アメリカン・ギャング
    Open↓

    「アメリカン・ギャングスター」は、デンゼル・ワシントンに、ラッセル・クロウという二大スター競演!これは、見たいと思ったのだ。NYが舞台だしね。派手さはないけど、ゴッド・ファーザーのような壮大な映画を期待していた。


    実話を基にしているだけあって、リドリー・スコット監督らしく骨太な映画だった。
    地味で堅実でありながら、新興マフィアのボスとして力を付けていくデンゼル・ワシントン演じるフランク。地道に弁護士の勉強をしながら、賄賂を絶対拒否する正義感の雄のラッセル・クロウ演じるリッチー。


    真逆の世界に生きる二人で、追う者と追われる者の違いはあれど、生き方に共通点を持つ。
    私が面白いと思ったのは、最後に、フランクがとうとう捕まって、リッチーと一緒に、賄賂まみれになっていた警察関係者を、次々と挙げていったところかな。


    この二人が同じステージで、社会にプラスになる何かが出来たなら、きっと世の中はいい方に変わったのではないかとも思う。


    弁護士として仕事を始めたリッチーの最初の客が、フランクだったなんて、いい話じゃないの~。ここから新しい物語が始まってもらいたかったなあ。続編、希望です。


    映画の最後が、あまりにシンプルだったので、これはまだ何かあるはずだと思った。
    一旦席を立ったものの、出口のところで最後まで確認したよ。


    エンドロールが終わった瞬間、やった~、待っていた甲斐があった。
    追加のワンシーンが出てきた。


    しかし、そんな映像で終わりますのんかい???
    という、ほんの一瞬の映像だった。座っていたお客さんも「えっ?」と戸惑っている様子がよく分かった。


    これで終わりよね、終わりのはずよね。でも、なんかスッキリしない終わり方よね~。
    私とクロさんは、過去に見た映画「サイン」の悪夢を思い出しながら、まあ、待った甲斐はあったと、モヤッとしながらも、ホッとしたのであった。






    1日1回ポチっとな。お願いします。


    Close↑

    スポンサーサイト
    [2008.02.26(Tue) 21:25] TVドラマ・映画Trackback(0) | Comments(7) 見る▼
    ↑TOPへ


    COMMENT

    最後まで見なかった・・・。 by 松子
    こんばんは。

    私も、「アメリカン・ギャングスター」観に行きましたが、珍しくエンドロールの途中で出てきましたi-282

    実は、午前中に他の映画を観た後でこの映画を観たので、ちょっと疲れが・・・。
    同じ日に2作品観るのは今後控えますi-229

    ちなみにもう1つ観たのは、「潜水服は蝶の夢を見る」です。
    これはかなりオススメですi-176
    よかったら観に行ってみてくださいi-179

    エンドロール後 by la cosmopolita
    雑誌等での批評ではそんなに良くなかったのだけど、私はこういう映画が好き。
    デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウという上手い俳優2人揃って
    見ごたえありました。
    この2人が逆を演じてもO.K.なんではないかと思う。
    良い役も悪役も両方ともできる、上手いってことですね。

    > 弁護士として仕事を始めたリッチーの最初の客が、フランクだったなんて、いい話じゃないの~。
    敵対関係なんだけど、ずっとお互いを認め合っていたって感じがしました。

    > エンドロールが終わった瞬間、やった~、待っていた甲斐があった。
    > 追加のワンシーンが出てきた。
    これ覚えていないんです…。
    見たのが少し前なのでエンドロール中に立ったかどうか記憶がない。
    どんなシーンだったのか教えてください!

    潜水服は蝶の夢を見る by la cosmopolita
    > ちなみにもう1つ観たのは、「潜水服は蝶の夢を見る」です。
    > これはかなりオススメです
    この映画、良いらしいですね。
    フランス映画はちょっと苦手なので初めは興味なかったのですが
    批評が良いので観にいきたいと思っています。

    ☆松子さま by kotetsu552005
    久しぶりにお会いできて良かったでっす。

    一日2本は、なかなかきついですね。
    映画によるのかもしれません。おバカなやつならそこまで疲れなかったかも。
    アメリカン・ギャングスターは、淡々と進むがゆえに
    3時間は、長く感じましたもの。

    「潜水服は蝶の夢を見る」は、全く知らないものでしたので、ぜひチェックしたいと思います。

    ☆La cosmopolitaさま by kotetsu552005
    >どんなシーンだったのか教えてください!

    リクエストにお答えすると、
    デンゼル・ワシントン扮するフランクの上半身がド~ンと映ります。トレンチコートに帽子。
    手にはピストル。

    そんでもって、バ~ンと撃っておしまい。

    そんで終わりかい!まだ、何かあるんじゃないのと疑いましたが、電気がついていったので、終わりだと認識しました。

    フランクが刑務所から出てきた最後のシーンも、何かありそうだったでしょ。何もなかったけど。
    そう思って、頑張って残っていました。で、バ~ンで終わりでした。

    見そびれたとしても、それほど支障は無いと思われます!

    ありがとうございました by la cosmopolita
    エンドロール後の映像に全く記憶がないので
    めずらしくエンドロール中に立ったものと思われます。
    やっぱり最後まで座ってるべきなのかなー。つまらない映画のときは別だけど。

    > 何もなかったけど。
    その後のフランクはどうなったんだろう?とちょっと調べてみたら
    まだ存命中のようです。

    ☆La cosmopolitaさま by kotetsu552005
    実話とありましたが、存命!なんですか。

    本をチェックしてみようかなあ。その後の二人のかかわりは興味ありです。


    コメントを閉じる▲

    リストマーク ニューヨークのみやげ 

    2007年05月27日 ()
    机の上を片付けていたら出てきた。昨年、ニューヨークに行くに当たって、お土産に何を買ったらよいのか事前にリサーチしていたときの新聞記事だ。
    Open↓

    土産だから、まず皆に喜んでもらいたい。そして値段も相応なものが好ましい。
    だいたい、ニューヨークって名物は何なのさ?


    ニューヨーク・ヤンキース・グッズか、自由の女神グッズか、INYグッズくらいしか思いつかない。


    日経新聞では、一位が有名な老舗本屋さんストランド書店のトートーバッグ。4ドル95セントとある。
    ny_01.jpg

    へ~~~、こういうものが売れ筋なのだ。実際に、この手のカバンは便利だ。何度洗っても型崩れしないと評判らしい。


    次はコーヒー6種詰め合わせ。ディーンアンドデルーカ。20ドル。
    ny02.jpg

    ちょっと高いが、ばらしてあげられるし、いろいろの味が試せておいしいのだそうだ。


    3位は、キッチン・グッズのおろし金。マイクロプレーン社。12ドル95セント。
    ny03.jpg

    やわらかいものから硬いものまできめ細かくおろせるらしい。う~~~ん、マニアックだな。


    続いて、ハンドソープ、ブラウニー、オーガニック石鹸、ニューヨークヤンキースグッズ、NY近代美術館(MOMA)のミュージアムグッズもあった。


    詳しくは「ここ」のホームページを参照してください。
    実際にこの新聞記事は持っていくのを忘れて行ったし、そういうものを買いにいく時間もなかったのが現実だ。


    土産ものを買ったのは、タイムズスクエアーのあたりの普通の土産物屋さんで、自由の女神型のチョコやINYのチョコなど、超ベタなものばかり買ったよ。やはり私の思考では、こういうものしか選ばなかった。


    一番気に入った土産物は、記念に買った自分用のでかい自由の女神像だ。
    20070527013232.jpg

    あとあと荷物になって困ったが、家にたどり着いてからは、気にいっている。やはりベタだな。


    土産物の事前リサーチは大事だ。そして、そのための時間も確保して、できれば事前に購入場所も地図などでチェックしておけば完璧だった。次回は試してみたいものだ。


    こういう記事を読んでいると、また猛然と行きたくなってきた。次は、ゆとりある時間も確保しつつ行きたいな~~。


    そのときは、そら様、どうぞよろしくお願いします。




    1日1回ポチっとな。お願いします。



    Close↑

    [2007.05.27(Sun) 01:36] 旅・海外旅行Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
    ↑TOPへ


    COMMENT

    そういえば… by kyoko@Lima
    たしかリマの空港で、主さまが「自由の女神」と道連れのお姿、拝見しましたよね♪

    そうか、中はこんなふうだったんですね。

    ペルーでも、どうしてマチュピチュのでかい模型(リャマつき)、とか作らないのかなあ。
    ぜったい売れると思うんだけど…
    (主さまも、あったらまちがいなく購入なさるでしょう~?)

    kyoko@Lima様 by kotetsu552005
    ほんとうに、そういうものを作ったら、絶対購入して帰ります。

    直径15cmの陶器のマチュピチュはすでに購入済みですがやはり、本格的なマチュピチュは魅力です。

    その他、ナスカやアレキパもいいですね。

    コメントを閉じる▲

    リストマーク AEIからのクリスマス・プレゼント 

    2006年12月06日 ()
    この7月にアルバート・エリス研究所(AEI)に行ってきた。

    Open↓

    詳しくは、
    「アルバート・エリス・研究所(AEI)の研修参加」については、
     研修第一日目  ←こちらをご参照下さい。

     プライマリー研修2日目  ←こちらをご参照下さい。

     プライマリー研修最終日  ←こちらをご参照下さい。


    今日、家に帰ってきたらAEIから書類が届いているぞ。もしやと思ってあけてみると、プライマリーコース終了の公認証だった。

    論理療法、最初のコースの理論とテクニックの能力を認めるという公認証だ。

    ellis-1.jpg ellis-2.jpg


    研修を受講したという証明書はもらっていたが、内容をマスターしているという公認証なわけだから、価値があるっていうもんだ。

    日本の論理療法学会の証明書も嬉しいけれど、また重みが違うんだな。

    やった~~~。嬉しい~~~。わけわからんままに、行ってよかった、私。

    頑張ってよかった、私。

    筆記試験には自信があった(だって相談しながらやったしね)が、実際のスーパーバイズでは、どう評価されたのかわからなかった。つうか、論破技術がまだ未熟だったしね。

    しかしこの証明書が届いたということは、一定のレベルがクリアされたということだよね。
    その後も、研鑽を積んでいる自分としては非常に嬉しいストロークになったよ。

    一番嬉しいクリスマスプレゼントだよ。

    もしかして、参加者全員にこれが送られているのかもしれないが、例えそうであっても、私は嬉しいし、自己受容あがるな~~~っ!!!!

    ますます論理療法の勉強に力が入りますわ。私、やりま~~~~す。

    まあ、人生においてこの証明書がどう役に立つかというと、ほとんど役に立つ機会はないかもしれないけれど、ま、自己満足と今後の勇気付けになる。

    それが一番かな。
    しかし約半年後に送られてくるなんて、憎いね。

    ありがとう、デジサッピ先生、ドライデン先生、その他の先生をはじめスタッフの方々。

    ぜひまた機会を作って、参加したいって思いました。次のコースはさらにハードなはず。
    紙っぺら一枚だけど、やる気があがりましたなあ。



    1日1回ポチっとな。お願いします。





    Close↑

    [2006.12.06(Wed) 00:41] studyTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
    ↑TOPへ


    COMMENT

    やったね。 by クロ
    おめでとうー。パチパチパチ(拍手)
    忘れたころにやってきたね。
    とにかく目出たい。

    かいがあった by カルチェ
    いろんな苦労したかいがあったという感じですかね~
    通訳の件など、大変そうという感じだったのに、
    更なるチャレンジをしようという気持ちに、
    恐れ入ります。私も勉強がんばろう…。

    コメントを閉じる▲

    リストマーク NY 雑記帳 その4 

    2006年10月11日 ()
    ロックフェラーセンターに上った
    高いところ好きな私としては、NYのどっかの高いビルに登りたかった。

    20061011233011.jpg

    Open↓

    このうえに上るのに、しばらくぐるぐると探してしまったが、なんとかチケットブースを見つけて購入、上ることができた。

    大阪の空中庭園と同じ造りになっている。周りには透明の板で囲われているが、空中であることに変わりない。ビルの向こうに摩天楼が見える。

    20061011233114.jpg


    あ~~~、すごく気持ちがよい。NYをすべて自分の下に見れるなんて最高。
    まだ一度も足を踏み入れていない、TVや映画でおなじみのセントラルパークも美しい緑で長方形の形を見せてくれている。

    20061011233141.jpg


    有名なビル群、川、真下には小さな車。いやあ、最高でした。
    NYの人口密度、ビルの建築密度は相当高いと思うのだけど、それだけ活気があってパワーもあると感じる。

    20061011233122.jpg 20061011233130.jpg


    ここで、マイケル・ダグラスと遭遇したわけだが、こういう空間にやってくる人の反応は、似たようなもんなのが楽しいよね。

    「マイケル・ダグラス」については、
     NYでのサプライズ   ←こちらをご参照下さい。

    写真を撮ったり、景色を眺めたり。

    以前、来たときにはNYは住んでもいいなと思ったが、今回は、目的があったら(AEIで勉強するとか)住んでもいいかなに変化したよ。

    欲しい刺激とそれほど欲しくない刺激がはっきりしてきたなとわかってきた。NYは、また勉強しに行きたいところだね。



    1日1回ポチっとな。お願いします。



    Close↑

    [2006.10.11(Wed) 23:41] 旅・海外旅行Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
    ↑TOPへ


    リストマーク NY 雑記帳 その3 

    2006年10月05日 ()
    ハーレムに行く。相方の強い要望によるもの。

    20061005002706.jpg

    Open↓

    なんか期待するようなものがあったようだ。説明をしてもらった気がするがよくわからんかった。

    しかしながら道を間違えて本当に味わいたい雰囲気を見損ねたらしい。奴は地図が読めない男だと判明したよ。

    最初に降りた場所から間違えていたからなあ。
    歩いてみて、感じたのは、やはり断然、黒人が多い。当たり前かな。

    そして店に入って確かめていないけど、外から見える値段からして食べ物屋さんが安いようだった。建物も雰囲気が違う。これだけだとなんとも曖昧な表現だな~。

    結局のところ、私には特別ハーレムらしさがわからなかったのよ。
    ガイドブックには危険な地域につき、注意と書いてあったが、さほど変な所ではなかったし。人通りが少ないところも、なんとか早足でカバーできた。

    20061005002747.jpg 20061005002754.jpg


    無事で何よりだけど、アポロ劇場やゴスペルをみたり、いかにものコースのほうがハーレムを感じたかもしれないな。だってベタなんだもん。

    脳がベタなハーレムを知覚したがっていたよ。それらしいというイメージ通りの定番が観光には欲しいなあ。By 私のベタな脳。

    確かにニューヨークのタイムズスクエアーあたりとはまるで違っていた。歩いたハーレムのエリアは完全に住宅エリアだったし。そりゃあ刺激は少ないはずだ。

    なんとなく間の抜けたハーレム歩きとなっちまった。
    やはり地図読める男がいいっすね~♪



    1日1回ポチっとな。お願いします。



    Close↑

    [2006.10.05(Thu) 00:34] 旅・海外旅行Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
    ↑TOPへ


    COMMENT

    ゴスペル by la cosmopolita
    以前はハーレムと言えば=危険な所ということで旅行者が足を踏み入れることができないエリアでした。
    最近はN.Y.自体の治安が良くなってハーレム観光ができたみたいですね。
    観光トロリーバスもあると聞いたことがあるような…。
    私はハーレムで本場(観光客向けかもしれないけど)の
    ゴスペルが聞きたい!と常々思ってます。

    シンクロ by kotetsu552005
    こんばんは。
    ちょうど同時間にチェックしていたということで、なんかうれしいですね~。
    この間、調べ物をしていて(例の果物の名前)
    la cosmopolitaさんが先日行かれたアタカマに行った人のブログを見つけました。きっと見られたことがあるかもしれませんが、見せていただいた風景がそこにありました~♪
    ああいう景色は、やはり行った経験があってこそ素晴らしさがわかるっちゅうものですが、拝見しているだけでこちらも相当楽しめるものですね。

    コメントを閉じる▲

    リストマーク NY 雑記帳 その2 

    2006年10月04日 ()
    ニューヨーク船に乗る。約一時間のコースだ。

    20061004082427.jpg 20061004082437.jpg

    Open↓

    私はブルックリン橋を足で渡りたかったが、すでに相棒は渡った後だったらしい。
    それならということで、橋を下から眺めて自由の女神を見るコースという最短の船コースを選択した。ちょうど最後の時間の乗船となる。切符売り場はきわめてシンプルだ。

    20061004082452.jpg 20061004082445.jpg


    切符売り場の前が船着場。こじんまりしている船。

    20061004082503.jpg 20061004082510.jpg


    橋のたもとに摩天楼が見えるという景色を見たい!と思っていた。さすがベタ大好きな私だ。天気は最高。バッチリ撮影できたよ。

    20061004082520.jpg 20061004082532.jpg


    橋は見事に重厚な造りだ。ガイドのおじさんの説明付きである。

    20061004083416.jpg


    一時間のクルージングだが、歩き疲れた夕方、休憩がてらにコースに入れるのはお勧めだ。興奮状態で風景を楽しんだ。

    20061004082541.jpg 20061004082551.jpg


    20061004083259.jpg


    また、港へ帰る時に自由の女神をの前を通るのだが、やはりテンションがあがる!

    あれは何と言ったらよいのか。

    20061004083319.jpg


    本物に出会う喜びとでも言おうか、その存在感威圧感はやはり凄いの一言につきる。
    フランスの本家自由の女神よりだんぜんインパクト大だぜ。

    20061004083329.jpg 20061004083338.jpg


    20061004083348.jpg 20061004083357.jpg


    5ミリのマドンナ以上の興奮を感じたよ~。確かに大きかったしね。

    ただそこに立っているだけなのに凄いパワーを貰える。

    20061004084038.jpg


    女神には前回行ったからもういいやと思っていたが、顔を拝めて良かったっす。思い残すことなくニューヨークを後にできたよ。

    船着場前広場でのヤンキー女神?もよかったな~。

    20061004083917.jpg


    船によるお気軽ニューヨーク・シティツアーはお勧めだ。
    船にはいくつもコースはあるようなので、次はまた違う景色が見れたらいいな。


    1日1回ポチっとな。お願いします。




    Close↑

    [2006.10.04(Wed) 08:45] 旅・海外旅行Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
    ↑TOPへ


    COMMENT

    女神 by meiya
    私も一度、生でお顔を拝見したいものです♪
    自由を求めて、アメリカの地にやってきた、たっくさんの人々を見守り続けてきた女神。
    そこにあるだけで、エネルギーを与える、勇気を与える存在ってあこがれます。
    いや、銅像なんで「お役に立てれば・・」と動かれたら、それは逆に怖いんですけどね(^^;

    ぜひ一度は by kotetsu552005
    自由の女神をごらんいただきたいです。
    ほんまもんを見るのは、いいもんだなあって思いました。また、NYに勉強しに行きたいし今回の記念にってことで、高さ30cmの「自由の女神像」を買って帰りました。
    これがまた、荷物になるなる~~!!!!
    大変でしたが、ベタな性格上、じぶんへのお土産ってことで、非常に気に入っております。

    コメントを閉じる▲

    リストマーク NY 雑記帳 その1 

    2006年10月02日 ()
    ニューヨークの定番、ジャズを聞きに行った。

    birdland.jpg

    Open↓

    ニューヨークはジャズの本場と聞く。そういえば前回、NYに3日滞在した時も行ったっけな~。

    宿からほど近い所に有名なジャズを聞かせる店「BIRDLAND」があり、せっかくだからと、行ってみたのだ。

    「BIRDLAND」については、
     BIRDLAND   ←こちらをご参照下さい。

    夜11時から演奏開始。
    ワンドリンク、カウンターで25ドルくらいだったかな~。日本人スタッフもいて話も早いよ。

    渋いおじさんたちのバンドによる、素敵な音楽。素敵すぎて何度か寝ちまったよ。

    研修が終わった日の夜だから、疲れていて必死で目と耳を起こして聞いた。約1時間後、満足感と眠りによる心地よさで、ブラブラと歩いて宿に帰る。

    ニューヨークは大人の街だね。良い年の大人が楽しめる場所がしっかりとある。

    ジャズがいいとか悪いとかわからないけど、おじさんたちの年期の入った演奏と、彼ら自身が観客共々楽しんでいるのが伝わってきて良かった。

    ジャズを聞かせてくれる店を梯子するのもきっと楽しいだろう。
    これで本を書いている人もいるくらいだからね。

    とにかくその日は、リトル・イタリーのあとの大満足の夜だった。


    1日1回ポチっとな。お願いします。

    Close↑

    [2006.10.02(Mon) 00:14] 旅・海外旅行Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
    ↑TOPへ


    リストマーク NYでのサプライズ 

    2006年08月14日 ()
    ニューヨークで有名人を見た。

    IMGP0060.jpg

    Open↓

    マイケル・ダグラスだ。

    IMGP0058.jpg


    同じ時期にニューヨーク入りしていた人は、

    リチャード・ギアを見たと言っていたから、
    以外と見れるチャンスがあるのだなと思う。

    彼はロックフェラーセンター屋上でインタビューらしきものをを受けていた。

    IMGP0056.jpg


    人だかりがしていて、年配のおばさまたちはキャーキャー騒いでおられましたな。
    こういう反応は世界共通なのね。

    そういえば、昔、イタリア・フィレンツェにて、真夜中の路地裏で


    「少年隊の東」に遭遇したことがある。

    20060814000646.jpg


    その時の驚きのほうがインパクトあったな。

    こんな所でそんな人に会うという、自分の想像をこえることが起きると、
    人間は、いや、私は呆けてしまう のだということが判明した。

    「東やんか!」と独り言を口走る私。

    誰もいない路地裏

    なぜか真っ白なスーツを着た東。

    二人の距離は約10メートル

    ここで何か起きることもなく、その路地に入ってきたタクシーと
    マネージャー風の人と共に、彼は去っていったのだった。

    しばらくは立ち尽くして しまった記憶がある。


    今回は、 「マイケル・ダグラスやん」という台詞を吐いたが、

    そこはすでに大人の私

    しかも外国で外人ということなので想定内

    大人の対応ができました。
    でも、面白かったね。


    1日1回ポチっとな。お願いします。

    Close↑

    [2006.08.14(Mon) 00:07] 旅・海外旅行Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
    ↑TOPへ


    COMMENT

    有名人 by la cosmopolita
    kotetsu552005さん、マイケル・ダグラスを見かけるなんてすごーい!
    私はN.Y.を旅しても有名人を見かけたことはありません(ToT) 。
    改めて考えても外国では有名人を見かけた記憶はないなあ。
    日本にいてもあまり会わない、っていうか気が付かないっていう方が正しいかも。
    これまで見かけた有名人も他の人にうらやましがられる人でもないし。
    一番、近々だと写真家のアラーキーでしたわ(^^ゞ。新宿で。
    私はマイケルの妻のキャサリン・ゼータ・ジョーンズが好きです。

    有名人 by kotetsu552005
    そなんです。
    こちらでも吉本芸人さんなどを見かけたり
    大阪場所ではお相撲さんを見たりしても
    あまり感動がないっていうか~。

    マイケル・ダグラスは、普通に見つけても
    映画のワンシーンのようで、現実味が
    感じられなかったっすね。

    吉本芸人さんたちは、超現実的すぎるのかもね。

    コメントを閉じる▲

    リストマーク NY 食いそこね紀行 その2 

    2006年08月13日 ()
    ニューヨーク最後の食事は

    チャイナタウンで中華を食す。

    IMGP0105.jpg

    Open↓

    ここはリトルイタリーの近所である。
    貧しい食事がほとんどの私にとってはNYラストチャンスの食事だ。

    相棒の選択で小ロンポウの上手い店に行くことにする。
    やはり中華に間違いはないなあ。

    たいがい注文されているメニューは美味しいそうだし、実際に美味しい。

    過去にペルーのクスコで遭遇した中華以外は。
    あそこは・・・・。まあそれは別の機会に書くとしよう。

    とにかく堪能して食べまくる。
    至福のひととき。

    はおいしいなあ。野菜炒め も絶妙だなぁ。

    小ロンポウも噂に違わすいけました。

    PICT0126.jpg


    PICT0128.jpg


    PICT0127.jpg


    日本人も結構来ていた。

    壁に貼っていた有名人の写真の一つに松井稼頭央がいた。(そのときは、すでに移籍後でメッツにはいなかった)

    ここは、ニューヨーク最後の食事としては十分合格点だった。

    分量はやはりアメリカサイズ
    こういう所は4人以上で来ないときついな~。

    食べ過ぎてしんどいか、残し過ぎて申し訳ないか、
    いずれにしても食べた後は、少しだけ満足感に陰りができる。

    こうして、ニューヨークで食事したといえるのは二回くらい。
    イタリアンと中華だ。

    もっと美味しい店は沢山あるだろうが、今回は食い損ねてニューヨークを後にした。
    また研修を受けに是非とも再訪したい。

    その時こそは食い倒れ をしてもいいかな。

    Close↑

    [2006.08.13(Sun) 23:53] 旅・海外旅行Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
    ↑TOPへ


    COMMENT

    N.Y.ベーグル by la cosmopolita
    私はN.Y.のベーグルが好きです。
    次回、行かれた時は食べてみてください。
    できればユダヤ系列のお店だったらなお良いと思います。

    違いはなんだろう by kotetsu552005
    私は、研修でおやつにベーグルが出たので何度か食べました。

    基本的には好きですが、NYは特別何か違いがありますか?
    あんまり何も考えず食べていましたけど。

    次、行くときには心して食べて見ましょ。

    コメントを閉じる▲

    リストマーク NY 食いそこね紀行 その1 

    2006年08月13日 ()
    NYの食事はどうだったのか。

    PA0_0012.jpg

    Open↓

    だいたい勉強しに行ったわけなので、毎日粗食だった~。
    サトウのご飯とカレーが定番だった。うまいものからは程遠い食生活だ。

    研修が終わった日は、ちょうどワールドカップで

    イタリア優勝した日だった。
    ジダンの頭突きはうわさでしか知らなかったんだ。

    さてその日はなんといっても

    イタリア、イタリア、イタリア!!!

    だったら、リトルイタリーに行くしかないだろうということだ。

    もちろん、NYのダウンタウン・イタリア出身者が多く住むエリアである。

    どんな騒ぎが待っているのか楽しみにしていく。
    地下鉄の駅から降りて向かう途中から、すでに優勝ムード満載だ。

    PICT0122.jpg


    道路を走る車からはイタリア国旗。
    顔にペイント、服はイタリア・ユニフォームの人が溢れている。

    PA0_0009.jpg


    どんどんリトルイタリーに人が集まっているぞ~~~!

    祭りじゃ、祭りじゃ!!!!

    国旗をもち歌い、シュプレヒコールを上げ、すごい熱気だ。

    そんな中、通りに面したテーブルを確保。
    7時過ぎで既にイタリアビールは売り切れ。

    バドワイザーで乾杯!前菜2皿、パスタ1皿で全員が満腹。
    この食事については写真がない。雰囲気に圧倒されていたのかな。
    食事は、なかなかおいしかったことだけは覚えている。

    PICT0119.jpg


    何より店のイタリア系人が誇り を持って対応していたのが印象的だった。
    NYに来てはじめてのレストラン♪体験だった。


    PICT0129.jpg

    Close↑

    [2006.08.13(Sun) 00:15] 旅・海外旅行Trackback(0) | Comments(1) 見る▼
    ↑TOPへ


    COMMENT

    リトル・イタリーでのランチ by la cosmopolita
    かなり昔、リトルイタリーでランチにパスタを食べたことを思い出しました。
    とにかく量が多くて、でもあまりたくさん残すのもお店の人に悪いとかなりがんばって食べたのですが、半分が限界だった…。
    数人で行ったので、何皿かとって取り分けると良かったんですよね。
    でも美味しかったので満足。
    ジダンの頭突き事件かあ…。
    最近のことなんだけどもう過去のことって感じになってますね。
    時が経つのは早い!

    コメントを閉じる▲

    TOP | NEXT

    プロフィール

    FC2カウンター

    最近の記事

    最近のコメント

    カテゴリー

    タグリスト

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    FC2ブログランキング

    ブロとも申請フォーム

    CALENDAR  

    ブログ内検索

    管理者

    RSSフィード

    リンク

    FC2ブックマークに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。