TOP > 現代に生きるアドラー心理学-分析的認知行動心理学を学-
     ← 夫婦生活のカルテ-愛と技巧のバイブル- | TOP | すーぴー

    リストマーク スポンサーサイト 

    --年--月--日 (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
    ↑TOPへ


    リストマーク 現代に生きるアドラー心理学-分析的認知行動心理学を学- 

    2009年02月25日 ()
    adra.jpg

    チャングムの着メロのBさんは、アドレリアンだ。その彼女が一押しの本。


    確かにこれは、いい!アドラー心理学をこれほどまとまって分かりやすく書かれている本は初めてだ。
    まだ途中までしか読んでいないが、個々の理論が系統だてられてよい。


    個人心理学というと誤解されやすいというので、分析的認知行動心理学というのだそうだ。アドラーを始めるには、もってこいの本だね。


    カトーさん、おすすめよ。


    モサックにマニアッチ。どちらもアドラーの愛弟子だという。
    きっと偉い先生なんだろうけど、この名前がインパクトがあってすげーと思った。





    1日1回ポチっとな。お願いします。




    [2009.02.25(Wed) 23:34] Trackback(0) | Comments(4)
    ↑TOPへ


    COMMENT

    専門外なので… by kyoko@Lima
    ここに書いていい話題なのかどうか、よくわからないのですが。見当違いの場所だったら、ごめんなさい~

    さっき、先日放映された某国営放送のうつ病特集を、途中まで見たのですが、そこに認知行動療法のお話が出てきて、また臨床心理士さんも登場。
    主さまが現在、ぐいぐい根を伸ばしてらっしゃる「畑」は、だいたいのところこういう雰囲気の世界なのかな?と想像しながら見ております!

    番組では、抗うつ剤のこわさを盛んに取り上げていましたが、それは家族の経験からもすごーくよくわかります。

    私もしばらく前にうつをやり、2,3年ほど半寝たきりに近い生活を経験しましたが、そのとき薬はこわくて一切手を出さず(かわりにマカに頼りましたです)、何とか耐えてやり過ごしたのが、かえって良かったのかな?と思ったり。
    しかしそのころ、もし心理療法の専門家が身近にいてくれたら、あそこまで深ーく自分で掘った穴にはまることは、最初からなかったかもしれません。

    今度ぜひ、素人の私にもわかる範囲で、このあたりのお話もいろいろお聞かせくださいね。
    うつって再発しないとも限らないので、元気なうちに念のため知っておきたい…という気持ちもありますし。

    本当に現代に必要な、やりがいのあるご専門ですね!

    今、送信しようとしたら… by kyoko@Lima
    「禁止キーワードが含まれています」と、何度でもハネられちゃうんです。
    迷った末、某放送局の頭文字を、某国営放送と書き直したら、すぐ送信できました。
    あれれれ? 公衆の面前で言っちゃいけないような社名だったのかしらん??(笑)

    原因の可能性 by la cosmopolita
    禁止ワードの件、私も以前同じことがありました。
    原因に関して推測ですが、
    ローマ字が半角だと×で全角ならO.K.、もしくはその反対かもしれません。

    ☆kyoko@Limaさま by kotetsu552005
    そちらでもすでに、あのNHK特集が放送されていたんですね~。

    >認知行動療法のお話が出てきて、また臨床心理士さんも登場。

    はい、私がメインで勉強しているのは、その領域だと言ってもいいでしょう。イメージはあのイギリスのカウンセラーですわん。

    この心理療法の考えや技法が広まったらいいのにと願わずにはおられません。自分にとって、本当に力強い味方になってくれると思いますから。


    ☆La cosmopolitaさま
    禁止ワードは、先日初めて体験しました。
    半角、全角で禁止ワードになるのですか。。。
    気をつけようっと。

    コメントを閉じる▲

     ← 夫婦生活のカルテ-愛と技巧のバイブル- | TOP | すーぴー

    COMMENT

    ここに書いていい話題なのかどうか、よくわからないのですが。見当違いの場所だったら、ごめんなさい~

    さっき、先日放映された某国営放送のうつ病特集を、途中まで見たのですが、そこに認知行動療法のお話が出てきて、また臨床心理士さんも登場。
    主さまが現在、ぐいぐい根を伸ばしてらっしゃる「畑」は、だいたいのところこういう雰囲気の世界なのかな?と想像しながら見ております!

    番組では、抗うつ剤のこわさを盛んに取り上げていましたが、それは家族の経験からもすごーくよくわかります。

    私もしばらく前にうつをやり、2,3年ほど半寝たきりに近い生活を経験しましたが、そのとき薬はこわくて一切手を出さず(かわりにマカに頼りましたです)、何とか耐えてやり過ごしたのが、かえって良かったのかな?と思ったり。
    しかしそのころ、もし心理療法の専門家が身近にいてくれたら、あそこまで深ーく自分で掘った穴にはまることは、最初からなかったかもしれません。

    今度ぜひ、素人の私にもわかる範囲で、このあたりのお話もいろいろお聞かせくださいね。
    うつって再発しないとも限らないので、元気なうちに念のため知っておきたい…という気持ちもありますし。

    本当に現代に必要な、やりがいのあるご専門ですね!
    [ 2009.02.26(Thu) 05:23] URL | kyoko@Lima #hfYaSEIk | EDIT |

    「禁止キーワードが含まれています」と、何度でもハネられちゃうんです。
    迷った末、某放送局の頭文字を、某国営放送と書き直したら、すぐ送信できました。
    あれれれ? 公衆の面前で言っちゃいけないような社名だったのかしらん??(笑)
    [ 2009.02.26(Thu) 05:26] URL | kyoko@Lima #hfYaSEIk | EDIT |

    禁止ワードの件、私も以前同じことがありました。
    原因に関して推測ですが、
    ローマ字が半角だと×で全角ならO.K.、もしくはその反対かもしれません。
    [ 2009.02.26(Thu) 21:28] URL | la cosmopolita #- | EDIT |

    そちらでもすでに、あのNHK特集が放送されていたんですね~。

    >認知行動療法のお話が出てきて、また臨床心理士さんも登場。

    はい、私がメインで勉強しているのは、その領域だと言ってもいいでしょう。イメージはあのイギリスのカウンセラーですわん。

    この心理療法の考えや技法が広まったらいいのにと願わずにはおられません。自分にとって、本当に力強い味方になってくれると思いますから。


    ☆La cosmopolitaさま
    禁止ワードは、先日初めて体験しました。
    半角、全角で禁止ワードになるのですか。。。
    気をつけようっと。
    [ 2009.02.27(Fri) 00:29] URL | kotetsu552005 #- | EDIT |

    COMMENT POST















    管理者にだけ表示

    Trackback

    この記事のURL:
    http://goldenbranch.blog65.fc2.com/tb.php/1950-ef31bf08
     ← 夫婦生活のカルテ-愛と技巧のバイブル- | TOP | すーぴー

    プロフィール

    FC2カウンター

    最近の記事

    最近のコメント

    カテゴリー

    タグリスト

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    FC2ブログランキング

    ブロとも申請フォーム

    CALENDAR  

    ブログ内検索

    管理者

    RSSフィード

    リンク

    FC2ブックマークに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。