TOP > 学会裏方
     ← kyoko@LimaさまHPが更新されています! | TOP | 重大発表♪♪

    リストマーク スポンサーサイト 

    --年--月--日 (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
    ↑TOPへ


    リストマーク 学会裏方 

    2009年10月10日 ()
    10月3、4日は、J-REBT学会(日本人生哲学感情心理学会、旧論理療法学会)が開催された。

    私は、なんと裏方でサポートをするお役を頂戴した。会場設定、受付、写真撮影などなど。大会運営側を垣間見ることが出来て、とっても新鮮で勉強になった。もちろん、一部研修にも参加した。


    また、分科会なるものがあり、小グルーブのディスカッションが開催された。領域別に人があつまり、日常でREBTを活用している方々が自由に討論しあうという場が設定された。


    私は1分野の司会者を任された。こういうお役目は、めったにないことなので、オファーが来たらとっとと引き受けるに限る。


    結果として、このような責任ある役から一番学ぶことが出来る♪


    研修は、グループREBTであり、こんかいもまたコ・セラピスト役を仰せつかった。この積み重ねで、セラピストが出来るようになるそうな。


    グループREBTによる今回の学びは以下の通り。

    ・グループ参加者は、REBT修得者であるほど、質の高い時間がすごせ、
     グループの変化が短時間で起きる。
    ・セラピストとクライエントという上下関係よりも、支えあう仲間の横の関係が強いグループ
     なので、 論駁も多様に行え、自由に発言できるサポートグループとなる。
    ・自分と関係のない問題であっても、参加することにより新たな考え方、人生モデル等を得る
     チャンスがある。



    大会に参加して学んだこと。

    ・REBTは職場を生き抜くために、使える理論であることが確認できた。
     例えば、変えられることと変えられないことを区別し、変えられる選択肢があることに気づいたら
     行動する。昇進をはじめ、「あきらめる」ことの辛さを受容するときにもREBTが使える。
    ・働く人だけでなく、それを支える家族にも、REBTの知識があることで、支えとなれる。
    ・同級生とともに裏方をやれたことで、絆が深まった。

    .

    めったにない体験ができたのが、何より嬉しいことだった。


    ここのところ、更新がクロさんにお任せである。研修や学会続きなのと、授業が始まったこと、修論の分析をしている今日この頃。本日もこれから研修会に行ってくる。


    少々間はあくかもしれないが、更新は行う予定。


    クロさん、よろしくお願いします。





    1日1回ポチっとな。お願いします。

    [2009.10.10(Sat) 07:25] 大学院生活とその延長Trackback(0) | Comments(0)
    ↑TOPへ


     ← kyoko@LimaさまHPが更新されています! | TOP | 重大発表♪♪

    COMMENT

    COMMENT POST















    管理者にだけ表示

    Trackback

    この記事のURL:
    http://goldenbranch.blog65.fc2.com/tb.php/2253-5bac428e
     ← kyoko@LimaさまHPが更新されています! | TOP | 重大発表♪♪

    プロフィール

    FC2カウンター

    最近の記事

    最近のコメント

    カテゴリー

    タグリスト

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    FC2ブログランキング

    ブロとも申請フォーム

    CALENDAR  

    ブログ内検索

    管理者

    RSSフィード

    リンク

    FC2ブックマークに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。