TOP > 戸隠に行った その1 
     ← あけましておめでとうございます。 | TOP | 1月1日の初日の出

    リストマーク スポンサーサイト 

    --年--月--日 (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
    ↑TOPへ


    リストマーク 戸隠に行った その1  

    2012年01月04日 ()
    そうだ、戸隠神社に行こう!
    20120104JR東日本大人の休日倶楽部

    昨年の11月中旬にbmbmさんと共に新幹線とバスにて戸隠へ行った。

    20120104togakusi.jpg


    大人になったら、したいこと。。。


    それは戸隠においては、忍者からくり屋敷だった。
    20120104nija01.jpg


    奥院に参拝後の午後5時頃に入館した。


    チケット売り場のお姉さんに「閉まる時間もあるので、最初にからくりやしきから入るように」と言われる。


    はい、はい。そうしましょ。


    気軽な気持ちで入ってみる。そのときはあんな目に合うとは夢にも思わなかったから。


    入り口で靴箱に靴を入れる。係りの叔父さんが入り口で「いらっしゃい」と待っていてくれる。


    後から考えると、この笑顔の下で何を考えていたのだろうなあ。


    さて、入ってすぐの扉を開けると2階への階段がある。よしっ、と上がってみるとそこは畳敷きの部屋。


    隠し扉などもあちこちあるのだろうなあ~と、扉を押したり、引いたりして次の部屋に入る。


    2部屋くらいは順調に進んだ。


    3部屋目が遠かった。迷宮に入ってしまったかのように次に行くべき鍵の扉が見つけられない。。。。トラップもたくさん作られている。


    そんなあほな~。


    私たちの次のグループも合流し始める。おばあちゃん、赤ちゃんを抱いたお母さん、幼稚園児のご一行様。その後にカップル1組。


    これが団子状態でぐるぐるしていた。


    だめなら最初に戻ろうと階段を下りてみるが、扉は内側から開かない仕組みとなっている。


    しっかりした造りになっているわい。


    開かないとわかっているけど、あまりに進めないために階段を無駄に2往復はした。もちろん開かず。


    これはやばいのではないかと、考え始めた頃、颯爽と入り口の係りの叔父さんが登場!


    「ここを開けるのだよ」と、大掛かりな仕掛けを解いてくれた。


    おおっ、そんなところが開くとは!普通の脳みそでは考えられん!よ~出来てるわい。


    これで、出られるわいと、喜んで次の部屋に行く。


    叔父さんはささっと、忍者のように去っていった。


    さあて、ここからもまだまだ隠し扉探しは続くのだった。


    出れない、出れない。


    斜めの部屋もあった。
    20120104nijnja02.jpg


    錯覚もはなはだしく、見ただけで平衡感覚は狂って行った。


    何か隠されているに違いない。かなりパニックになってきていたため、必死で斜めの畳を登って扉に飛びついて確認するも、仕掛けなし!


    あんまりや~。


    この頃、bmbmさんは、2階の窓からなら飛び降りて脱出できると最悪の事態を考えていたそうな。



    後でカメラを確認したところ、しっかりと斜めの部屋の写真だけは唯一撮っていた。


    さて、それからも子連れ家族とカップルとの合同チームは一丸となって出口に向かった。


    誰かが1つ扉を開けると、全員がそこに殺到し、次の扉を探すのだ。


    もうすぐ出られそうというところまで来た。


    ところが、そこからがまた厳しい仕掛けが待っていた。


    押しても引いても、駄目なのだ。それならば、下から引き上げたら~開いた!という風に、狭い廊下を大勢の人間が右往左往しながら、出口に向かう扉を探し続けたのだった。


    最後の扉をどうやって開けていったかの記憶はない。


    恐ろしかった。


    出口に出たら、最初に入れていた靴箱とは異なる場所に靴が移されていた。


    これで、出てこない人の確認をしているのか、叔父さん。


    外に出てほっとしていたら、家族のおばあさんがわざわざやってきて


    「おたくさんのおかげで、外に出ることが出来ました。本当にありがとうございました。」と深々と頭を下げられた。


    気軽にはいったら、えらいことになる忍者からくり屋敷。


    これは、戸隠にきたらぜひとも経験してもらいたいスポットだ。


    外から見たら、何の変哲もない普通のそれほど大きくもない建物なのに。


    あんなにとてつもなく恐ろしいとは!
    20120104nija03.jpg


    短時間のうちに人間をあそこまで追い込み、パニックの経験を作り出すことのできるからくり屋敷。


    あなどれない。


    そして、大人でないと入ってはいけない場所だ。




    1日1回ポチっとな。お願いします。

    [2012.01.04(Wed) 14:37] 旅・海外旅行Trackback(0) | Comments(1)
    ↑TOPへ


    COMMENT

    初笑い(^^) by kyoko@Lima
    楽しいお話、ありがとうございます。
    bmbmさんと主さまが蒼くなってらっしゃるところ、想像してしまった… 見たかった…

    >これで、出てこない人の確認をしているのか、叔父さん。

    マチュピチュの横の山、ワイナピチュ登山口で、「たまに戻ってこない人がいるので」と名簿にサインさせてましたが、なんかそれと通じる恐ろしさですね…
    閉館時刻後に、おじさんが遭難者を救出したりするのかな……


    コメントを閉じる▲

     ← あけましておめでとうございます。 | TOP | 1月1日の初日の出

    COMMENT

    楽しいお話、ありがとうございます。
    bmbmさんと主さまが蒼くなってらっしゃるところ、想像してしまった… 見たかった…

    >これで、出てこない人の確認をしているのか、叔父さん。

    マチュピチュの横の山、ワイナピチュ登山口で、「たまに戻ってこない人がいるので」と名簿にサインさせてましたが、なんかそれと通じる恐ろしさですね…
    閉館時刻後に、おじさんが遭難者を救出したりするのかな……

    [ 2012.01.06(Fri) 00:21] URL | kyoko@Lima #hfYaSEIk | EDIT |

    COMMENT POST















    管理者にだけ表示

    Trackback

    この記事のURL:
    http://goldenbranch.blog65.fc2.com/tb.php/2948-f372f687
     ← あけましておめでとうございます。 | TOP | 1月1日の初日の出

    プロフィール

    FC2カウンター

    最近の記事

    最近のコメント

    カテゴリー

    タグリスト

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    FC2ブログランキング

    ブロとも申請フォーム

    CALENDAR  

    ブログ内検索

    管理者

    RSSフィード

    リンク

    FC2ブックマークに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。